「パンが無いなら」
2021年02月22日 (月) | 編集 |

めぐるめぐるよ時代は巡る

・・先週末のお昼時のこと。

子供: お昼のパンが無いんだけど~
家内: ケーキを食べればいいじゃない

マリー・アントワネットの会話が実際に聞けるとは!
たまたま前夜の誕生日ケーキが残っていたからだけれど

因みに、昔の偉い方は何処でも似たようなもので、

中国、晋の皇帝は、餓死者が出るほどの飢饉の際に
米が無いなら肉を食べろ!

日本でも天明の大飢饉の際に、北町奉行が
米が無いなら犬・猫を食え!
吉田茂内閣時代の池田勇人大臣は
貧乏人は麦を食え、中小企業は潰れても構わない!と。

そう言えば最近ではあの方。
女性は話が長い!有名人は田んぼを走れ!などなど
総理時代は支持率が消費税率並みだったなぁ

本来は素朴なアスリートの祭典、オリンピック
利権や権力のクリームを纏ったケーキと化している

無観客とか、来られる国の選手だけで開催って、
パンが無くともケーキでいいじゃん、ではないかと・・・・
 

 「マンモス菌」
2021年02月19日 (金) | 編集 |

350万年後に重宝されるとは原始人もビックリ

・・昨年末から、家内が培養しているマンモス菌
知人から分けて頂いたもので、絶大な美容効果があるとか。

何でも、マンモスが眠る永久凍土から採取された菌で、
350万年も生き続け、不老不死のパワーを秘めているとか

煮沸消毒した容器に、無添加のトマトジュースを加え、
半日ほど暖かい場所に置いておくとシュワシュワと発酵

冬季は部屋の中でも温度が下がり過ぎるらしく、
日向を求めてあっちこっちへと移動を繰り返している

思うに、マンモス菌の真偽は兎も角として、

美容に効くのは、培養にかける根性と執念なのでは・・・・

男には分からないデリケートな世界。
マンモスと言えば・・・・マンガ肉、それからドテチンだ


 「天然な杞憂」
2021年01月29日 (金) | 編集 |

笑う門にはコロナも来ず

・・昨日、夕方からずっと続く悪寒と鼻水
この時期に、只の風邪で病院に罹りたくはないし、
医療従事者の方々の手を煩わせるのも気が引ける。

パブロンを飲んで自室で横になってウトウト。
そろそろ夕食かな・・・・でも匂いが漂ってこない

自分: もしや、これって嗅覚異常なのかも・・・・
家内: 疲れちゃって、悪いけど冷凍モノでいい?

で、冷凍ゴハンと作り置き総菜をレンチン。

自分: ねぇ、この煮豆、匂いも味もしない・・・・。
家内: 馬鹿ねぇ、それはただの水煮だよ~

で、ゴハンを食べたらすっかり元気に

診断名~心配性でハラペコな天然ボケボケ・・・・笑
 

 「ラスク」
2021年01月21日 (木) | 編集 |

大量50枚入り、さてどうしよう

・・某輸入食品店の割引ワゴンにあったラスク、
ホームパーティ風のパッケージ写真に釣られて購入

チーズ、オリーブ、生ハムを載せてお摘まみに~♪
果物やアイスクリームを載せてデザートに~♪
砕いてスープのクルトンにも~、と書いてある。

ところが、帰宅して箱を開けたら既に粉々状態

既にクルトンしか選択肢が無いという・・・・
安物買いの銭失い、あぁ・・・・


 「ピザ生地」
2021年01月12日 (火) | 編集 |

適材・・・・不適所

・・家内からピザ生地のコネ役を拝命

力仕事なら任せなさいとグニュグニュ捏ね捏ね。
一生懸命15分間ほど捏ねていたら怒られた

家内: 何でそんなに捏ねちゃうの!
自分: 捏ねた方がコシが出るかと思って・・・・。
家内: パスタじゃないんだから優しく捏ねるの!

優しく捏ねるって、
自分にコネ役を任命したのが間違いだと思うのだが

一次発酵、二次発酵を経ても生地は一向に膨らまず、
お煎餅に負けないカチカチのピザと相成りました・・・・