「甘い誘惑」
2020年03月19日 (木) | 編集 |

メーカーも、あの手この手で

・・以前、ブログで考察した “万有引力の法則”
地球上の質量を持つ全ての物体間には引力が働き、
商品棚では、“季節限定” や “〇〇%増量” 補正が加わる

この時期、桜模様をあしらった商品の引力が凄い
新型コロナの関係でお花見が自粛なので、
せめてもの慰めに、ビールの桜缶をカゴに~♪

お酒のお摘まみに、いつものスナック菓子も~♪
と見たら、“10%増量中” の文字が

引力倍増なので早速カゴに放り込んだのだけど、
何となく、スナックの袋がいつもより軽い気が・・・・

増量でない、古い物も棚にあったのでラベルを見たら、
10%増量中の方が、古い物より内容量が少ないじゃん

少々増やしたと見せかけて、実は減っている・・・・、
何だか既視感が、あ・・・・給与明細と同じ手口だ・・・・


 「酸っぱくない」
2020年03月02日 (月) | 編集 |

可哀想なのか、羨ましいのか

・・夕食後のデザートにデコポン
濃厚な甘味と酸味、これは少し酸味が強いかな。

自分: ちょっと酸っぱいね~。
家内: 全然酸っぱくないよ~。
自分: いやいや、酸っぱいでしょ。
家内: 甘いよ、お砂糖を食べているみたい!

その後、家内に酢を舐めさせたら味覚障害が発覚
どうやら薬の副作用で、味覚神経が狂ったらしい

酸味以外の味覚に異常は無いので、食事作りは大丈夫そう
薬は医者に相談するとして、暫くは酸味を感じない生活。

酸味を感じないなら、
デコポンじゃなくて、夏ミカンでいいかも・・・・


 「是非に及ばず」
2020年02月17日 (月) | 編集 |

心中を汲み取って貰うのはムズカシイ

・・信長が本能寺で光秀の謀反に遭った時の言葉
旧臣太田牛一が書いた「信長公記」に記されている。

現代風に訳せば “仕方が無い”

逃げられないと悟っての “仕方が無い” か、
光秀を重用したのは己だから “仕方が無い” なのか。
信長の心中は如何ばかりか、汲み取ることは難しい。

先週末のこと。
家内: 今年はオリジナルチョコを作ってみようかなぁ。
自分: 忙しいし、気持ちだけでいいよ~。

で、当日。
家内: 友達から貰った友チョコ(ポッキー)だけど食べる?
自分: ・・・・是非に及ばず

自分で買った義理チョコですらないという・・・・


 「鏡開き」
2020年01月14日 (火) | 編集 |

ところかわれば

・・先週末の1/11は鏡開きの日
今はプラ容器にパック餅のスタイルで何だか味気ないけれど、
一年の無病息災を願って、キチンと頂くことに

家内に “ぜんざい” にして食べようか、と言ったところ、
焼き餅に小倉餡を乗せたものが出てきてビックリ

自分: “ぜんざい” は餅が入った粒餡の汁物でしょ
家内: それは “おしるこ” でしょ。

自分: いやいや、“おしるこ” は漉し餡の汁物でしょ
家内: 漉し餡でも粒餡でも“おしるこ”は “おしるこ” でしょ。

埒が明かないので調べてみると、ややこしいことが判明

関東では、粒餡でも漉し餡でも汁物は “おしるこ”、粒餡載せを “ぜんざい”
関西では、粒餡の汁物を “ぜんざい”、漉し餡の汁物を “おしるこ”
粒餡を載せたものを “おぐら” と呼ぶそうな

関西から関東に伝播する過程でゴチャゴチャになったらしい

因みに静岡出身者としての常識は、
粒餡の汁物は “ぜんざい”、漉し餡の汁物は “おしるこ” で、
粒餡載せは “あんころもち” なのだけれど・・・・あぁややこしい、笑

追伸: 高校サッカー、静岡県勢男女揃って優勝、嬉しい~(๑>◡<๑)


 「おからパウダー」
2020年01月10日 (金) | 編集 |

そういうこと、なのか

・・健康に良いよ~、と実家で貰った “おからパウダー”

低糖質かつ高タンパク、保存性が良く携行にも便利なので、
ダイエット食としては理想的なのだそうな

使い方は簡単、食事にかけたり、混ぜたりするだけ。
水を含むと3倍に膨らむので、食べ過ぎ防止にも役立つとか

ネットでおススメの使用法を調べると

1. ヨーグルトやコーヒーに振り掛ける!
2. 唐揚げやお好み焼きの小麦粉に混ぜる!
3. ポテトサラダのポテトの代わりに使う!

う~む、どれも食欲が湧かない

おからの為に高カロリーな唐揚げやお好み焼を作るって本末転倒。
ポテサラに至っては、素直に卯の花にした方が健康的な気が・・・・

食欲が湧かない・・、ダイエットに良い・・、ナルホド