「アンチョビ缶」
2023年12月22日 (金) | 編集 |

そこには地球規模の事情があった

・・我が家で何かと欠かせないアンチョビ缶。
スペインやイタリア産はお高いので、
南米ペルー産のお安いアンチョビ缶をストックしている。

百均で一つ 100円ww

ストックが無くなったので百均を回ったのだけど、
いつの間にか商品棚から姿が消えている。

店員さんに聞くと、
廃盤ではないけれど、入荷時期は未定とのこと。

さては円安と物価高で 100円では難しくなったのかな、
と経済的な事情を想像していたのだけど、

調べてみたら、
南米では最近、イワシが極端に捕れないのだそうな

日本でもサンマが捕れなくなったり、
沖縄のサカナが東京湾で見られるようになったり、

恐るべし、気候変動、地球温暖化・・・・


 「カレー」
2023年11月21日 (火) | 編集 |

ゴールデンの辛口、恐るべし

・・毎週末の夕食は自分が当番。
大体、カレーとパスタを隔週で作るのだけど、

奥様: 今日のカレー、辛すぎだよ。
子供: これは辛くて食べられない。

いつもは、
ゴールデン(辛口)2 : ジャワ(中辛)2 : バーモント(中辛)2
なのだけど、

今回はルーの在庫の事情で
ゴールデン(辛口)4 : ジャワ(中辛)2 で作っていた。

自分: 大して変わらないじゃん。
子供: 滅茶苦茶辛いよ。

奥様: バーモント(中辛)は無いの?
自分: バーモント(辛口)ならあるけど。
奥様: バーモントは甘いから取り敢えず足してみたら?

バーモント(辛口)を足して、
鍋にいっぱいの修正カレーが出来上がった

自分: どう?
奥様、子供: ダメ、まだ辛い、無理。

斯くして、家族の誰も手を出そうとしないので、
鍋いっぱいに増量されたカレーを 3日かけて食べたワタシ


 「春巻き」
2023年11月02日 (木) | 編集 |

つい食べ過ぎてしまう

・・夕食に揚げたてアツアツの春巻き

子供: 春巻きって、なんで “はるまき” なんだろう。
奥様: タケノコが入っているからじゃない?

自分: 元々は春に新芽が出る野菜を包んだからだよ。
奥様: そう言えば英語でも Spring Roll よね。
子供: 今は秋だから Autumn Roll だね。

自分: Autumn Roll はないけど Summer Roll ならあるよ。
奥様: スイカを入れるとか・・・・。
子供: 凍らせた春巻きとか・・・・。

Summer Roll は “生春巻き” のこと。
欧米に春巻きより遅れて伝わったので春の次で夏だとか。

奥様: アナタ~、酢醤油出しておいて~。
自分: え~春巻きにはからし醤油でしょ~
子供: え~春巻きにはケチャップでしょ~

昨夜も何かと賑やかな食卓でございました、笑


 「シシトウ」
2023年10月26日 (木) | 編集 |

夏の猛暑の影響もあるそうな

・・実家の庭で収穫されたシシトウ、
家で炒めて食べたら滅茶苦茶に辛くて舌が痛いほど。

Wiki によれば、シシトウは
青トウガラシの辛味が無いよう品種改良されたもの。

ただし、10個中に 1個程度、辛い個体があり、
“辛味のロシアンルーレット” とも言われる。

いや~、

ウチのシシトウ、ほぼ当たりで即死なんですけど・・・・


 「カリフラワー」
2023年10月16日 (月) | 編集 |

やがて食卓から消える日も!?

・・夕食時にカリフラワーのシチュー。
カリフラワーって随分食べていなかった気がする。

ブロッコリーの方がよく見掛けるし、
ブロッコリーの方が値段も手頃だし、
ブロッコリーの方が緑色で栄養ありそうだし。

調べてみると、どちらもキャベツの変種
ホワイトアスパラとグリーンアスパラみたいな。

明治初期にカリフラワーの方が早く普及したけれど、
輸送技術の向上や栽培のしやすさから、
今やブロッコリーの方が約 7 倍の生産量に拡大。

そのうち生産量が減って幻の食材になったりして。

そう考えたら、何だか有難く思えてくる不思議