「家庭用ゲーム機」サカつく3、十五年目の秋(拾七)
2010年11月19日 (金) | 編集 |
旦那の就寝前の日課である
吾輩は枕の上に陣取って、まったりと成り行きを眺める、これもまた日課である。

・・毎日二箇月分ほどしか進まないが、まったりと、ようやく十五年目の十月である。

現在のチーム富良野は、以下の通りである(年齢ちょっと曖昧)。
景気普通、資金八百億、ベルゴスケ監督、4-4-2 1V、サイド攻撃
FWD:ラインダース(29,神)、中山(24,屈指)
OMF:フォーリット(23,屈指)
SMF:奥(26,屈指)、立浪(22,完全)
DMF:セレゾン(27,神)
SDF:亀田(27,屈指)、田中(24,屈指)
CDF:松田(26,屈指)、白石(26,屈指)
GK:佐和(24,屈指)

控え
FWD:エレ(22,ミラノFC)、増永(30,屈指)
OMF:木久地(33,屈指)
SMF:パドゥーロ(25、屈指)、牧野(29,屈指)
DMF:服部(33,屈指)
SDF:海堂(24,モンテビデオ)、鬼頭(22,モンテビデオ)、御厨(21,モンテビデオ)
CDF:井畠(33,屈指)、林谷(28、屈指)、星野(24,フルハム)
GK:エディット(28,完全,未留)

昨年末に“引退してコーチになります”といった川内は、何故か年始にスカウトで登場。
能力グラフはほぼmaxながら、ポジションはGKのみで、年俸は僅かに五百万。
なんだかキワモノだが、サヨナラするのも何なので、暫く雇用してみることに。

立浪が帰国した為、2Vの中盤をダイヤ型の1Vに変更して、フォーリットをOMFに。
余ったDMFの白石は勿体無いのでCDFに移動、林谷はベンチへ。
その後、田中が帰国するもCDFは松田と白石で埋まってしまっている。
暫し考え、赤本でサイド適正もありそうなので、高齢の服部に代えてSDFで使うことに(汗)
なお、立浪と田中と交替で、鬼頭と御厨を共にモンテビデオに送る。
田中のSDF起用は、鬼頭の帰国まで二年間の限定になりそうである。

帰国選手はスタメン起用するので、ピッチ上は若手、ベンチにはベテラン勢と対照的になった。
システムの変更もあって、チームの六角グラフは随分と小さくなってしまい、
リーグ戦でも辛勝が続いて心臓に悪い。
間もなくエレや海堂が帰国すると、スタメン年齢は更に若返るので、暫くは苦戦必至の情勢。
二~三年間我慢して試合育成すれば、黄金時代がやって来ることは間違いないのだが・・・・。
ベンチでは、油の乗り切ったベテランが“何故使ってくれないのですか”と不満爆発である。
なんだか、中間管理職のようだ・・・・。

(「家庭用ゲーム機」拾八につづく)