「家庭用ゲーム機」サカつく3、十七年目の春(拾八)
2010年11月26日 (金) | 編集 |
秋の夜長、旦那の手には本・・ではなくて、コントローラーである

・・世代交代が一息ついたところで、さくさく進めて、現在十七年目の四月である
現在のチーム富良野の状況は以下の通り。
景気普通、資金壱千百億、ケーペル監督、4-4-2 1V、サイド攻撃
FWD:エレ(25,屈指)、中山(26,屈指) 控え:ラインダース(31,神)、増永(32,屈指)、尾坂(18)
OMF:フォーリット(25,屈指) 控え:なし
SMF:海堂(26,完全)、立浪(24,屈指) 控え:パドゥーロ(28,屈指)
DMF:セレゾン(29,神) 控え:白石(28,屈指)、服部(35,屈指)
SDF:亀田(29,屈指)、奥(28,屈指) 控え:田中(26,ASミラノ)、鬼頭(24,モンテ)、御厨(23,モンテ)
CDF:松田(28,屈指)、星野(26,屈指) 控え:林谷(31,屈指)、井畠(35,屈指)、邑久村(19,未留)
GK:佐和(26,屈指) 控え:エディット(31,完全)

昨年末、立浪にスタメンを奪われた牧野が、不満を爆発させてチームを去って行った
“辞めてやる!”と怒鳴り込んできたので了承すると、“引き止めてくれると思ったのに・・”
ションボリと出て行ったが可哀相だったかな、本当はチームで引退させてやりたかったが。

十五年間在籍した木久地は、引退して今年からフィジカルコーチに転身。
特殊練習に、パーフェクトボディとスタミナ爆発を持っている、おトクである

ベルゴスケ監督が任期満了で退団、取り敢えずリストアップされたケーペル監督を後任に。
得意なシステムや戦術が合わない上に、カテナチオもいまひとつ・・・なので、政権は短命か。
オフタスはまだ出てこない・・・・orz

年初の新人でCDF邑久村(19)を獲得、おまけで尾坂(18)も捕獲。
控えメンバーがいつ引退しても大丈夫なように、次世代の担い手の転生にも目を光らせておく。
グラーフ、ソクラウス、ファルク、リッカート、あと、小野、中田、稲本あたり。
実在日本人の補正には年数が足りないので、次世代もまだ架空中心になるか。

富良野市がスポーツ振興都市になり、マルセイユが追加された、使えるかな。

それにしても、ミラノFCに送ったエレやフォーリットのフィジカルが伸びない
ミラノFCにフィジカルの効果が無いのは承知だが、素材が素材だけに、早く神コメが見たい。
地道にキャンプとコーチ練習のスタミナ爆発で、少しずつ仮限界を上げていくしかないか。

あと、ベルマーレに鬼が出た、・・・・連携と顔が怖いので獲らないけれど(汗)

(「家庭用ゲーム機」拾九につづく)