「家族サービス」(拾九)近所でバーベキュー。
2011年05月10日 (火) | 編集 |
連休の、どこか連れてって光線に、バーベキューで対抗する旦那であった

・・昨年の夏に三回も出掛けたので、すっかり我が家では定着した感がある。
連休中の家族サービスに丁度いいので、近所の二箇所のサイトを早速予約。
“筑波ふれあいの里”我が家の通称“やきやき山”は、筑波山麓にあって車で三十分、
小奇麗なバーベキュー施設と斜面を利用した長い滑り台が特徴である。
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/2117/004800.html
“豊里ゆかりの森”我が家の通称“やきやき公園”は、街の外れで車でわずか十分余り、
バーベキュー施設は石器時代の集落のような古さだが、アスレチック広場が充実している。
http://www.tsukubaykr.jp/
天候によって、どちらか一方と考えていたが、結局両方とも行くことになった。
基本的にバーベキュー好きなのである。
ところが“ふれあいの里”に行く日は、昨夏も同様、どういう訳か狙ったように雨が降る。
サイト自体は雨が降っても問題ないので、小雨のなか強引に出掛けることにしたが、
到着して暫くすると雨も止み、太陽が顔を出す好天になって結果オーライ
子供に付き合って、長い滑り台を何回も滑ったお陰で、お尻が痛いのなんの

“ゆかりの森”の日は、この季節には珍しく肌寒いが、炭火日和ではある。
連休最終日なせいか、二十箇所以上もあるサイトは老若男女でごった返し状態
あちこちのサイトを眺めていると、悲喜こもごも、なかなか面白い。
手馴れたグループが木の枝でバームクーヘンなど作っているかと思えば、
炭に火を熾すのも覚束無いグループがあったり、いきなりシメの焼ソバを作っていたり。
まあ、我が家も含めて、どのグループもたくさんビールを飲んで、肉を食べて、笑顔である。

野外で“やきやき”は、大人も子供もみんな楽しい。
次の夏休みには、河原で涼みながらのエコなバーベキューに挑戦してみようか。
(「家族サービス」(拾九)につづく)