「家庭用ゲーム機」(弐十六)サカつく3、まったりと二十六年目の春。
2011年06月08日 (水) | 編集 |
・・チーム富良野は、まったりと、二十六年目の春を迎えた。
資金三千億、景気は普通、フディング監督、4-4-2 2V、戦術はサイド。

FWD:エレ(34,神)、阿見(24,屈指) 控え:中山(35,屈指)、グラーフ(19,未留)
OMF(SMF):ソクラウス(24,屈指)、小野(27.屈指) 控え:フォーリット(34,神)、立浪(33,屈指)
DMF:ファルク(24,完全)、伊東輝(22,十分) 控え:阿部(19,未留)
SDF:松本(25,完全)、鬼頭(33,屈指) 控え:御厨(34,屈指)、海堂(35,屈指)、
CDF:邑久村(28,屈指)、長尾(23,完全) 控え:星野(35,屈指)、林谷(40,屈指)
GK:河本(28,屈指) 控え:佐和(35,屈指)、エディット(40,完全)、息子(20,エヌグ)

昨年夏にオフタス監督からフディング監督にバトンタッチ。
全体練習に週三でトータルフットボールを組み入れた、まだほとんど機能していないけど。
稀代の名将とは言うが、以前の鈴木八次郎の方が能力は高いようだ、また出ないかな。

伊東が帰国したので、システムを4-4-2 1Vから4-4-2 2Vに変更、ファルクと並べる。
まだ能力は未熟だが、ボランチを二枚にしてから明らかに失点が減った。
グラフMAXのセレゾンならボランチ一枚でも問題なかったが、ファルク一人ではまだ力不足。

秋になり、長年待ったグラーフ(18)がオランダ・アムステルダムに転生ww
このためだけに雇っていたエルクルスで早速交渉、五十億ほどで無事に獲得。
流石にトータルフットボールの開祖、18歳にしてシスタクが高め、ポジ適もFW、OMF、SMF。
エレの後任としてFWで使ってもよし、4-5-1 2VにしてSMFにしてもよし。
成長が今から楽しみだが、連携が鬼なので、周りの人選には気を使う。
なんにせよ、世代交代の柱がようやく揃った。

昨年末は奥(36)が引退を宣言、ホーム最終戦は“最後なので精一杯頑張ります”と(涙)
ちなみに、フォーリット、立浪、林谷、佐和、エディットは引退待ちである。
ジェフの阿部(18)をなんとなく獲得したが、まだ空きは二名分、右SDFとGKを探そうか。
実名Jリーガーにちらほら補正が掛かっているので、新井場とか曽ヶ端とか。
長友や内田は・・・・いるわけないか(爆)
(「家庭用ゲーム機」(弐十七)につづく)