「公園は初夏の装い」
2012年05月22日 (火) | 編集 |
梅雨入り前、良く晴れた日は、初夏の匂いが満載である

・・雲ひとつない青空のもと、子供と公園を散歩。
葉桜や芝生の初々しい緑、つつじの鮮やかなピンク、強い陽射しで汗ばんだ身体に公園を吹きぬけてゆく涼風が心地いい。

陽炎が立ちそうな舗道を、恐らく大学の陸上部やら、健康志向の老若男女やらが、思い思いのロードワークで汗を流している。
園内を流れる小川では子供達が水遊び。
見ているこちらも何だか心が躍るような初夏の風景である。

と、心地よさに浸っていたら、いつの間にか子供がいない。
駐車場や広い園内を小走りで探し回ってしまった、予定外のジョギングである(汗)
迷子になった本人も困っているかと思えばケロリと現れた、なんてこった・・・・。