「車の乗り換え」(弐)中古車屋めぐり。
2012年05月25日 (金) | 編集 |
実家の中古車探しの続きである

・・先日のガリバーからは、未だ連絡なし。
他にも手を打っておこうと、車検で利用する中古車屋とディーラー店を幾つか回った。
中古車屋では、新古車はあるが中古車の在庫は少ないとのこと。
特にマニュアル車は在庫が無く、オークションで探すとのことで一応依頼、連絡待ち。

ディーラー系はスズキとスバル、ダイハツは時間切れ。
車種はワゴンR、ムーブ、ステラに絞り込んでいるので、トヨタ、日産、ホンダは除外。
というか、トヨタ・日産・ホンダはMT設定のある軽をほとんど扱っていない。
ディーラー系で気付いた事がいくつか。
大抵の店では、新車用と中古車用で商談の建物から違う、中古車の商談は何だか哀しい。
全国の販売店の在庫検索はできるが、同一県内でなければ基本的には他社と同じ扱い。
同系列のディーラー店同士でも、一般と同様に購入して、更に輸送費がかかる。
在庫がある店まで行って自分で購入できれば一番いいが、大抵は遠方なので無理である。
地元ディーラー店を介すと、車の正直な状態が分かり、多少値段の融通も利くのは利点。

条件を緩めれば在庫は在る、が、走行距離、年式、値段がアンバランスで怪しい物件も多い。
結局、スズキとスバルにも適当な在庫が無い為、ディーラーのオークションで探すことに。
現物を見ることができないので、信頼できる中古車探しは結構難航しそうである。
(「車の乗り換え」(参)につづく)