「男子サッカーW杯最終予選」豪州1-1日本。
2012年06月13日 (水) | 編集 |
残念な審判団である

・・最大のライバル同士の対戦は、互いの戦術がぶつかり合う好ゲームだった。
日本は攻撃陣の経験値こそ上がったが、ロングボールとフィジカル押しに弱い悪しき伝統。
ゴール前でセカンドボールを支配できずにあわや失点の場面が未だ多すぎる。
最終ラインの守備力向上は、攻撃陣が良いだけに、現世代の喫緊の課題である。

その攻撃陣は、劣悪なピッチ環境下、試合が進むにつれてペースを握りかけてはいたが、
酷暑のオマーン帰りの高齢守備陣を完全に崩し切るシーンはなかなか作り切れなかった。
ロングボールで押し込まれるので、攻撃のスタート位置が自陣寄りでゴールまでが遠い。
起点の遠藤がマークで消されて、本田や香川が下がらざるを得ず、厚い攻撃が少なかった。
とは言え、サイド攻撃は奏功していたし、香川の中央への仕掛けも有効に見えた。

さて、この好ゲームに水を差した残念なサウジの審判団。
前半早々からカードが出て嫌な予感がしたが、後半は完全にスタジアムに呑まれてしまった。
恐らく頭の中は真っ白だったのだろう、ゲームをコントロールできる能力はなかった。
質の低いジャッジを見越して、ほとんど不満を口にしない選手の方が経験豊富で頼もしい。
ただ、このような審判団の影響が次節にまで及ぶ事になってしまったのはいただけない。
今野、内田、栗原の出場停止、よりにもよって現世代の泣き所を直撃、である。