「高い壁、遠い背中」ブラジル4-0日本。
2012年10月17日 (水) | 編集 |
ケチャップドバドバ、である

・・結果的に4点だけれど、中国の8失点やイラクの6失点と大差ない、完全な敗北。
日本も強くなっているのだろうが、世界のトップレベルのチームとはサッカーの次元が違った。

虎と猫、ライオンとネズミ。
ブラジルのゲーム運びは、まるで虎やライオンが草原で狩りをしているかのように映った。
彼等の遺伝子には、猛禽の狩猟と同じように、サッカーの本能が刷り込まれているのだろう。
ボールを支配しながら、流れるようにゴールに襲い掛かる圧倒的な迫力とスピード。

残念ながら日本は、彼等の好きなように料理されているように見えた。
何より恐ろしいのは、日本もボールを回して、さも渡り合っているかのように錯覚したこと。
マナ板の上の活魚が、見事な包丁裁きで三枚に裂かれながら、それと気が付かないように。

日本がPA付近でボールを回している場面は、彼等のカウンターの序章に過ぎなかった。
彼等が攻撃を組み立てている時は、パスもドリブルも止めることができなかった。
両サイドの主力を怪我で欠いて、後半は余裕で流してこの結果とは、心底恐れ入った。

さて、ブラジルW杯まであと二年余り、日本代表はどんな準備をしたらよいのだろう。
本田選手のコメントが、若干自虐的ではあるけれど、正鵠を射ている気がした。
“これで勝ったらこの先面白くない、こういう相手を負かすためにまた頑張ろうと思った”
トップレベルの背中はまだまだ遠いが、一歩ずつ進んでいくしかないのだから。