「宅配レンタル」ビジネスモデル崩壊か。
2012年10月22日 (月) | 編集 |
旦那は暫く利用していない、不景気な世の中、些細な値上げにも敏感になるらしい

・・いつの間にか、楽天スポットレンタルの配送料金が値上がりしている。
以前は300円(4枚まで)だったのが、500円(5枚まで)に。
無料クーポンの乱発や常時キャンペーン状態で、商売として大丈夫かと思っていたが、
レンタル価格は安いままで、配送料金をこっそり値上げするとは。

5枚まで500円なら、一度に5枚借りなければソンだけれど、
一度に5枚借りても観るのが大変だし、そもそも希望作品の在庫が5枚も揃うことがない。
無料クーポンの有効期間ともなると、希望リストには貸し出し中マークだらけである。
比較的在庫が揃うキャンペーン期間外に、50円×5枚+500円=750円払うのも何だか微妙。
まぁ最近は借りたい作品もなく、休会状態だから構わないのだけれど。

TSUTAYAが30日間借り放題、送料込み無料のCMを流している。
CMでは良く分からないが、勿論、入会前のお試し期間に限った話、である。
そもそもTSUTAYAにはスポットレンタルがないので、気紛れユーザーには向かない。
でも、レンタルDVDのCMは久しぶりに聞いた気がする。

残るはぽすれん、7枚まで配送料が300円となかなか頑張っている。
でも、レンタル料金が一枚100円(たま~に50円)は、いかにも高いので話にならない。
楽天の動向にならって、そのうち配送料金を値上げしそうな気もするし。
宅配DVD産業は、長引くデフレでビジネスモデルが崩壊しかけているのかも知れない。