「ドラマ・アニメ鑑賞」(四拾参)何やってんだテレビ。
2012年11月20日 (火) | 編集 |
バラエティ好きの旦那が呆れるのだから、ある意味大したモンである

・・これは痛い。
日曜夜八時のゴールデン枠に、たけしと石橋を起用して鳴物入りで始まった番組だけれど、
あまりのイタさに、数回見ただけで視聴意欲を失った。

字幕がうるさいだの、何をしたいのか分からないだの、世間の批判はあるようだけれど、
要は、笑えないバラエティほど見ていてイタいものはない。
たけしなどは察しがいいから、深入りしないように半身を引いているのが見え隠れしている。
どなたが責任を取るのか心配になるが、
企画を通したテレビ局もスポンサーも、痛すぎる状況は最早同情を誘うレベル。
少なくとも、某国営放送の裏番組を対岸の火事と眺めていられる状況ではなさそうである。
(「ドラマ・アニメ鑑賞」四拾四につづく)