「ドラマ・アニメ鑑賞」(五拾壱)とんび。
2013年02月15日 (金) | 編集 |
シングルファーザーの半生記だったとは

・・原作未読、つい一年前にNHKでドラマ化されていたことも知らなかった。
TBSの日曜劇場版は、初回から流れで見続けているけれど、
内野聖陽が相変わらず濃い。
野村宏伸が随分と久し振り。
妙に現在と過去を行ったり来たりする、印象のドラマである。

初回のエピソードが良くまとまり過ぎていて、二話目以降は最早蛇足なのでは。
と思っていたのだけれど、
二話目以降の不器用な父親の子育てエピソードが本筋だったとは・・・・。

原作から10年、時間を現在側にずらしているとのことで、
丁度自分の幼少期にラップして、懐かしさは満載である。
でも、平成に入ったあたりはあんなに昭和昭和してたかなぁ(変な日本語)、とも思う。
(「ドラマ・アニメ鑑賞」五拾弐につづく)