「家族サービス」(参拾参)鬼怒川旅行(後編)。
2013年08月06日 (火) | 編集 |
旦那の腰痛が再発の様子である

・・翌日は川俣温泉から霧降高原道路を経由して観光地を散策。
午後から雨の予報だったが、結局降られずじまい、過ごしやすい天候になった。
鬼怒川エリアには某猿軍団の村、某小さな街、他諸々の観光地に付き物のスポットがある。
家内は某博物館を希望したが、費用対効果の観点から却下。
折角山奥に来たのだから、人工施設でなく、自然を楽しんだ方が宜しかろう。

で、エンジンをウンウン言わせながら霧降高原道路を進んで、大笹牧場へ。
標高1000mを超える高所に東京ドーム77個分の敷地が広がる無料な観光牧場である。
レストハウスでお約束のソフトクリームを舐めた後は、
アスレチックと滑り台、ヤギやヒツジに餌やりなどしてのんびり遊ぶ。
見渡す限り牧場である、寝転がって過ごしたい所だけれど、あちこちに糞があり要注意。

さらにエンジンをウンウン言わせながら、次は日光霧降の滝に立ち寄る。
土産物屋が並び、トレイルも整備されているが、滝までは降りて行けないのが残念。
対岸の山肌を落ちる霧降の滝を望める展望台まで片道15分程度の散策。
華厳の滝などと比べるとスケールは小さいけれど、森林浴しながらの散策は気持ちいい。
土産物屋に戻ってから自販機のジュースで喉を潤したところ、ゴミ入れが見当たらない。
店主によれば、日光が世界遺産に登録されて以来、ゴミ入れを置けなくなったとのこと。
登録を取り消されないように、店の周りのゴミをせっせと店主が掃除している。
散らかっているとダメなのだそうだが、何故ゴミ入れを置けないのかさっぱり分からない。

霧降道路から日光道路に乗り、来た時と同じ経路で帰途についた。
朝10時にホテルを出て、自宅に戻ったのが夕方5時過ぎ、流石に少々くたびれた。
早々にシャワーで汗を流すと、何やら腰に違和感が(汗)
翌朝になると本格的な腰痛に発展してしまった、南無三・・・・。
(「家族サービス」参拾四につづく)