「CD walkman」
2014年04月01日 (火) | 編集 |
新しいほど優れているかと言えば、そうでもなかったりする

・・家内がDAPの充電を忘れて、久し振りにCD walkmanを引っぱり出したとのこと。
“音が凄くいいよ、やっぱり圧縮したのとは違うね”と感心しきり。
ちなみにDAPの圧縮音源はMP3(320kbps)、イヤホンは禅譲したオーテクCKM70である。
音源の違いというよりは、再生機器の違いが大きいと思うのだけれど・・・・。

十数年前のCD walkman(今の数千円の奴は知らないが)は、結構立派なAV機器である。
ポータブルとは言っても、AVコンポ譲りのアンプを使っていたりする。
幾ら技術が進歩したと言っても、DAPの非力なアンプでは太刀打ちできないのも仕方がない。
山道を走るのなら、ボロの普通車でも、最新型の軽自動車より遥かに快適なのと同じである。