「ディーガのリモコン」
2014年04月03日 (木) | 編集 |
まるで握力測定でもしているかのようである

・・3年半前に購入して酷使しているディーガのリモコン、最近どうにも調子が悪い。
特に十字キーの操作に難があり、力を入れても反応しなかったり、あらぬ方向に動いたり。
ちなみに電池を新しいものに替えても同じなので、リモコン本体の問題である。
購入した当初から番組表などの操作は重かったが、最近は録画予約や編集が一苦労である。
指の骨が折れるのではないかと思うくらい押さないと反応しないこともしばしば(汗)

ネットで調べると、同じように苦しんでいる人のなんと多いこと。
ちょっと前のディーガのリモコンは、このような状況がデフォルトらしい。
皆さん、旧ディーガ対応のパナ社リモコンや、他社の学習リモコンを新調しているようだ。

あんまり力を込めるので、いよいよ十字キーがミシミシ言うようになってきた。
酷使のディーガ本体も4年目で、そろそろHDDの寿命が心配なタイミングでもある。
代替リモコンを購入するか、本体の買い換えまでリモコンを我慢するか、思案のしどころ。
ストレスフルなリモコンは、最早右手の握力トレーニングツールになりつつある

追伸:
Amazonで旧ディーガ対応のリモコン(何某社製で見た目は全く同じ)を購入してみた。
すぐに届いたので使って見ると、今までの苦しみが嘘のように快適で感動
ディーガに付属していた初期リモコンは、リコールのレベルではないかと思う次第。