「女子W杯最終予選」アジア杯決勝、日本1-0豪州。
2014年05月26日 (月) | 編集 |
なでしこの強さは“あきらめない心”

・・日本女子サッカーの歴史上はじめて、遂にアジア杯を獲得、素晴らしいこと
W杯を獲得しているのに何故とも思うけれど、それだけアジアの大会は難しいということ。
今大会も、決勝トーナメントに進出した4か国の力量差はほとんどないと感じた。
それでも日本が勝てたのは、“あきらめない心”が一番強かったのだと感じた。

決勝は緒戦と同じ豪州相手になったが、
緒戦では力不足を強く感じた右サイドの2名、DF、FWの若手(中堅か)が、
試合を重ねるごとに成長した跡が見て取れた。
ベテラン選手の背中を見て、なでしこのメンタルが中堅・若手に引き継がれてゆくのだろう。
今回招集できなかった欧米組も含めて、なでしこの選手層が頼もしい。

男子代表はいよいよW杯本番に向けて臨戦モード。
なでしこからバトンを受けて、“あきらめない心”で、日本らしい戦いを貫いて欲しい。