「家庭用ゲーム機」(五拾壱)動くかな。
2014年09月19日 (金) | 編集 |
旦那が恐ろしく久し振りにコントローラを手にしている・・・・

・・1年以上も前にサカつく3の時が止まったまま、電源を入れることが無かったPS2。
世間ではPS4が普及しているのに未だ我が家はPS2、さながらガラパゴスのようである。
でも優良ソフトは多いし、ネットワークなんて要らないのでPS2はまだまだ現役

とは言え、随分と放って置いたからちゃんと動くか心配になり、久々に電源を入れてみた。
トレイの開閉が少々怪しいけれど、本体は健在なようだ。
電源を入れると、今度は何かゲームがしたくなり、引き出しを漁ることに。
と、開封すらしていない“太閤立志伝Ⅴ”なるソフトを発見。
全く覚えていないが、廉価版の1500円ソフトなので、何かのついでに手に取ったのだろう。
ちょっと取説を読んでゲーム開始。
で、嵌ってしまった。
このソフト、このボリュームと完成度で1500円とかコスパ良過ぎだと思う。
秋の夜長のお供に、長い付き合いになりそうである。
(「家庭用ゲーム機」五拾弐につづく)