「ドラマ・アニメ鑑賞」(八拾八)2015冬アニメの感想など(壱)。
2015年04月08日 (水) | 編集 |
・・2クール以上の長尺モノから。

☆☆☆:面白かった。
四月は君の嘘(2/2):脚本、演出、作画とも上質。彼女の精一杯の“嘘”に胸が切ない物語。

☆☆:楽しめた。
黒子のバスケ3(1/2):安定して面白いけれど、残る引き出しがあと僅かな気も。
ログホライズン2(2/2):Ⅱ期は過渡的な話の詰め合わせ。Ⅲ期(あるかな)に期待。
弱虫ペダル2(2/2):ロードレースの楽しみ方を教えてもらったということで。
七つの大罪(2/2):分かり易さと潔さ、もう少し掘下げて続いても良かった。
SHIROBAKO(2/2):前期が良かっただけに、後期はやや盛り上がりに欠けた感が。

☆:取り敢えず最後まで。
アルドノアゼロ(2/2):前期で終わっていた方が、ある意味話題性があったかも。
暗殺教室(1/2):いつまで続けるんだろう、間延びし過ぎな気が。
ジョジョの奇妙な冒険SC(1/2):同上(爆)
山賊の娘ローニャ(2/2):昔のカルピス劇場のメジャーでない方みたいな。真面目は真面目。
寄生獣(2/2):興味深い話ではあるけれど。原作は兎も角、アニメ脚本と演出に物足りなさ。

-:残念、足切。
蒼穿のファフナー2(1/2)、まじっく快斗(2/2)、暁のヨナ(2/2)、クロスアンジュ(2/2)

乱筆乱文ご容赦のほど。
(「ドラマ・アニメ鑑賞」八拾九につづく)