「注意一秒」
2016年06月20日 (月) | 編集 |
・・帰宅途中に、危うく自転車と接触しそうに。
立ち寄った店舗の駐車場の余り見通しの良くない出口での出来事。
一時停止から動き出した直後だったので、慌ててブレーキを踏んで接触を回避できた。

自転車との出会いがしらの接触事故は本当に危ない
駐車場の出入り口や、交差点の右左折、舗道の信号が点滅するタイミング、etc。
日頃から十二分に注意をしているつもりでも、ヒヤッとすることが時折ある。

車のドライバーが、交通弱者である自転車に十分注意するのは当然のこと。
でも、自転車側ももう少しだけ車の動きに注意を向けてくれたら、とも思う。
今回も片手にスマホ、耳にイヤホンでは、危険な状況の察知に障りがあるのでは、と思う。
公道を利用するもの、お互いの幸せのために、慎重さと謙虚さを大事にしたいと真に思う。