「お取り寄せ」(参拾九)エチケットカッター。
2016年07月22日 (金) | 編集 |
今時、純国産の家電製品って、西表ヤマネコくらい希少である

・・Philipsのエチケットカッターが突然壊れてから約1年。
ちょこちょこと、小さなハサミで手入れをしているけれど、やはり面倒くさい。
思い立ったが吉日で、新しいエチケットカッターを購入することに

Philipsの場合、保証期間が1年間で、見事に1年を僅かに過ぎた頃にお釈迦になった。
保証期間とは、比較的初期の動作不良を保証するものだと思っていたのだけれど、
製品自体の寿命が大体その程度という意味なのだと学習させられた

これがグローバルスタンダードな認識なのかは分からないけれど、
新しいエチケットカッターは、比較的レビューの良さそうなパナソニックの製品に。
国内メーカーの品質管理(Made in chinaではあるけれど、汗)に期待して。
取説を見ると、製品保証は1年間で変わらないものの、
カッターパーツの寿命は普通に使用して2年程度とのこと、替刃の販売もしている。
であれば、本体は最低でも2年以上は使用できそうな雰囲気である

実際にどの程度長持ちするのかは分からないけれど、
早速エネループを入れて使用してみたら、サクサクと快適にカットできること。
やっぱりハサミよりエチケットカッター、である
(「お取り寄せ」四拾につづく)