「サッカーW杯アジア最終予選」日本2-1サウジアラビア、win。
2016年11月16日 (水) | 編集 |
首の皮、健在

・・2勝1敗1分のグループ2位で来年3月からの後半戦に折り返し

選手・監督ともに意地と気合の見えたゲーム。
大迫、清武、原口、久保の前線には、日本の将来像の期待が持てたし、
守備陣も前線と連動して我慢の守備でサウジを好きにさせなかった。

前評判通りのサウジの鋭いカウンターで1点は失ったものの、
自陣での相手FKを2本に抑えたことは、いかに慎重に闘ったかを物語っている。

後半戦は中東アウェーが続いたり
ファンマルバイク監督が、ハリルさん+ザックさん/2に見えたり(笑)、
今後も目の離せない状況が続きそう

最後に、審判団がシンガポールのセットでよかった。
大事なことなのでもう一度、審判団が公平中立な方々で本当によかった