「チューリップ」
2021年05月07日 (金) | 編集 |

赤、白、黄色・・・・色とりどり

・・仕事の合間に日比谷公園で休憩
この時期は、チューリップの花が素晴らしい

♪ さいた さいた チューリップのはなが~

日本人なら誰でも知っているこの童謡、
昭和5年に世田谷のあるお婆さんが作ったらしい

♪ どのはなみても きれいだな~

なにごとにも良いところがあるもの。
弱いものに目を配りたいという思いを込めたと言う。

昭和5年といえば、
悲惨な第二次世界大戦に向かっていた不安な時代。

そんな不安な時代に、お婆さんは、
みんなの良い所を見つめ合おうという気持ちを、
この歌に託したと伝えられている

まだまだコロナ禍で不安な毎日が続くけれど、
チューリップのように真っ直ぐ上を向いていたいな