「カーボンニュートラル」
2021年06月01日 (火) | 編集 |

電気自動車の巧妙なユウワク

・・昨今、クルマのニュースで聞くカタカナワード
政府も2030年代までに ”脱ガソリン車” を目指すと躍起に

家内: カーボンニュートラルって結局なんなの?
自分: 利用しても空気中のCO2が増えない製品のこと

家内: じゃあ、クルマは全部電気自動車になるの?
自分: それはテスラや中国が宣伝しているだけだよ

エンジンなど内燃機関のノウハウを持たない彼等が、
電気自動車ならCO2がゼロだよ~と売り煽っている。
電気モーターはノウハウが無くても簡単に作れるから。

クルマは “つくる” “つかう” “廃棄する” の段階毎に
どうしたってCO2を出す

“つかう” 部分だけCO2をゼロに見せて、
“つくる” “廃棄する” で大量のCO2が出る電気自動車

再生可能エネルギーで全てを賄わない限り、
“つかう” 部分の電力だって大量のCO2と引き換え。

電気自動車のイメージ戦略に踊らされて、
電気自動車が溢れたら、決して地球に優しくはないと思う