「3.11から9年」
2020年02月27日 (木) | 編集 |

ド~ンとか言いながら、長文失礼いたしますm(_ _)m

・・もうすぐ東日本大震災から9年が経過する。
生活再建に取り組む方、未だ避難生活で苦労されている方、
心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m

未曽有の巨大地震と、想定外の原発事故を通じて、
想定外の天災でも、想定して準備をすること。
国民が同じ方向を向いて冷静に動くこと、を学んだ

新型肺炎の感染拡大が、重要な岐路に差し掛かっている。
人々の不安や検査体制の不備を報じるニュースが多い中、

正しく恐れる為、政府専門家会議の押谷仁教授の解説が分かり易い。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010000-ytokushu-life&p=1

1. 感染経路が分かり難いため、既に封じ込めは困難な段階。
2. 致死率は2%程度であり、重症化率はSARSより小さい。
3. クルーズ船の影響で、医療機関の受け入れは限界に近い。
4. 検査を行っても、残念ながら軽傷者にできる処置は無い。

現在は、病院での感染拡大や、医療崩壊を防ぐことが最重要で、
武漢の轍を踏まないために、冷静に行動しなければならない。

重症化する徴候のある方に最大限の医療を提供するために、
また自分自身が感染しないためにも、
軽症者や心配に感じる人が医療機関に押しかけるべきではない。

秩序ある行動は日本人が得意とするところ。
状況を正しく理解して、過度な報道に煽られないようにしたい。

今後1~2週間が拡大か終息かの分水嶺とのこと、
少しでも良いシナリオに向かいますように・・・・


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック