「炎天下の迷子」
2020年08月12日 (水) | 編集 |
  
慣れた山でも舐めてはいけない

・・子供を従えて筑波山にトレッキング
春や秋にはよく登るのだけれど、真夏は初めて。

コロナ対策で密を避け、早朝6時に登山開始。
コースタイムでは登り2時間、下り1時間、
休憩を入れても10時には余裕で下山の予定が・・・・。

想像以上の暑さでペースが上がらず意識朦朧
滝のような汗で眼鏡が曇って足元も覚束ず

うっかりと帰路で分岐を間違えて、
登山口から掛け離れた山の反対側をテクテク

ホウホウの体で漸く下山したのは12時過ぎ。
更に登山口に停めた車まで、タクシーで戻るハメに

“低い山でもね・・ハァハァ、油断は禁物・・ハァハァ”

大汗をかきながら弁解する迷子の父親・・・・
 

コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
ViVid Mr.Kさん、こんばんは。

気付いた時に、分岐まで戻るのが鉄則ですが、
暑さと疲労で体力が残っておらず、
どこか麓にでるだろうと下り続け・・・・。

アルプス級なら遭難するパターンですね、汗。

下界から隔離された昔の登山と違い、
今はスマホで位置も連絡もできてしまう。

便利になったなぁ、と思う一方、
山の上で仕事の連絡が入って興覚めすることも。

今回は下山が大幅に遅れそうだったので、
途中で家内に連絡を入れました。

何してんの、ドジ!!と言われました^^;
2020/08/12(水) 21:06:01 | URL | くさまくら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック