「魔法の言葉」
2020年08月14日 (金) | 編集 |

お暇を頂き、名残の夏を彷徨いますm(_ _)m

・・“蝉しぐれ” という言葉、
音や情景が頭の中に瑞々しく蘇る魔法の言葉

“しぐれ” は元々初冬の季語、
急にばらばらと、少しの時間で通り過ぎる雨。

“蝉” の声に “しぐれ” を重ねた不思議な魔法

♪ 夏が過ぎ 風あざみ 誰の憧れに さまよう

“あざみ” は孤独を纏った春の花、
夏の終わりの “風” に、移ろいの淋しさを重ねた魔法

“宵かがり”・・・・“夢はなび”・・・・
“夢はつまり想いでのあとさき”・・・・

あの頃の胸の高鳴り、儚くて切ない時間
心を締め付けるタイムマシン、魔法の言葉

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック