「乗り越えるべき壁」
2020年11月26日 (木) | 編集 |

オシムさんが住む街、氏の目にはどう映っただろう

・・先週末、サッカー日本代表のオーストリア遠征
パナマに1-0、メキシコに0-2、1勝1敗という結果。

ピッチ上にあって、格上・格下という言葉は意味が無い。
リスペクトはしても、選手のメンタルは強者であるべき。

ただし、監督は違う。

相手とのレベル差、長所、短所、あらゆる戦術・戦略、
持てる知恵を総動員して、窮鼠だって猫を噛んで欲しい。

メキシコ戦後、監督のインタビュー記事を目にした。
“痛い思いをしたが乗り越えるべきレベルが分かった”

言葉尻だけ捕まえて云々言いたくないけれど、
口下手なだけで、深い考えがあるのかも知れないけれど・・・・。

招集された選手達は、日常的に世界の壁と闘っている。

コロナを乗り越えてセットされた貴重な国際試合は、
決して “監督が海外経験を積む場” ではないと思うのです。

追伸: 世界を駆けたマラドーナ氏、ご冥福をお祈りします。
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック