「水無月、再び」
2022年06月29日 (水) | 編集 |

世界で一番アツい夏?

・・6月の始めに “水無月” の記事を書いた。
無は “の” にあたる助詞で、実は “水の月” の意味だよと。

昨日、九州北部から北陸も梅雨明け、
梅雨のない北海道を除いてほぼ梅雨が明けてしまった。

“水の月” でなく、本当に “水が無い月” に

渇水や水不足が心配な一方で、
7月に反動で災害級の豪雨が頻発するのも心配

7月は “文月”、諸説あるけれど
稲の穂が青々実る頃という “穂含月(ほふみづき)” が由来とか。

田んぼの稲は無事に成長できるだろうか。

電力不足に水不足、最近妙に多い地震も気になる・・・・

危機管理をしっかりと、毎日を過ごさねば
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック