「文庫本」
2022年11月22日 (火) | 編集 |

レトロなアナログが消えてゆく

・・20年間で 25%も値上がりしているのだとか
今や 1冊あたり税込み平均 800円、1000円以上もザラ。

確かに、薄いものでも 500~600円しているような。
小学生で初めて買ったSF小説は確か 180円だったけど。

電子書籍で需要が減ったのと、紙資源の高騰が原因。
簡単に手に取れるから “文庫本” なのに、何だか残念。

多分、自分はこれからも文庫本派。

文庫本はページをめくって “読む” のに対して、
電子書籍は、何だか文字の羅列を “見る” 気がして。

文庫本の紙の匂いもよき。

毎晩、布団で寝ながら読む習慣があるのだけど、
紙の香りに癒されて、次第にウトウト

朝起きると、
ページがグチャグチャになって転がっていたりするけど


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック