「電脳の時代」
2024年02月28日 (水) | 編集 |

SF の現実化が止まらない

・・少し前、人間の脳にチップを埋める臨床実験の記事を見た。
続報で、被験者の方が副作用なく回復して、
考えるだけでスクリーンのマウス操作ができるようになった、と。

次々と世の中にイノベーションを起こすイーロン・マスク氏

ALS 患者や肢体不自由な方々にとって、
自らの意思を示すことができる画期的な技術なのだけど、

とても怖い気がするのは自分が昭和な人間だからだろうか。

仮面ライダーとかキカイダーとか攻殻機動隊とか、
フィクションなら構わないのだけど、電脳化が現実になるとは

生成系 AI も開発競争と進化のスピードが速くて、
2035年には AI が人間の脳を上回ると予想されている。

電脳技術も開発競争が進むだろうし、
十数年後には、皆がチップを埋め込む社会が来るのかも知れない。

電脳化により、コンピューター並みの検索能力や記憶能力を持ち、
さらに電脳同士で自由に通信も行えるようになるとのこと。

でも、ウィルスとかハッキングとかが恐ろしい気が

科学の進歩は素晴らしいけれど・・・・どうか

それが人間のシアワセの方向を向いていて欲しいと切に願いたい。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック